Present.
色の薄れた、過ぎ去った時間は、

ただの細切れの映像だ。


15年前の 寂しく 暗く 悲しい 時.
10年前の 青く 弱く 楽しく 卑劣な 時.
5年前の 甘く 永く 脆い 、あの時。

あった。
確かにあった。

しかし、 もう ない 。








半年前のあの夏、

あの蒸し返る暑さも 肌を焦がす日差しも 蝉の声も べとつく汗も 。


確かに あった。
と、いうことは、もう  ない ということだ。



2週間前の あの 静寂も 透き通った空気も 青空も 人ごみも 熱も 。

2日前の あの 失望も 無理解も 共感も 憤りも 無関心も 希望も 苛立ちも 夢も 。

2時間前の あの 冗談も 表情も 言葉も 。


確かに 確かにそこにあった

だからこそ、

間違いなく もう どこにもない 。



“ 今 ” となっては

ただの 短く とぎれ、とぎれた映像だ。


“ 今 ” と声にだしたその瞬間も、既に色褪せた映像になった。

もう どこにも ない のだ。


それは

“ 10秒後 ” も同じで、どこにも ない 。

この先と呼ばれるその時の、

希望も 笑いも 自信も 裏切りも 確信も 力も 信頼も 。

まだ どこにも ない 。



手が出せるのは “ 今 ” だけだ。

1秒前にも、1秒後にも、 触れられない 。


ここにあるのは 今 だけで、 その 今 も もう 今 ではなく とっくに過ぎ去った。



口にしたときにはもう 遠く、 触れることすら 叶わない。

両手の指の隙間から、さらさらとこぼれ落ちていく砂の一粒のようなものだ 。

                    


        生きる とは、“ 今 ” を積み重ねることだ。


                                  手を出すなら 今 しかない 。
by room0126 | 2010-01-30 00:18 | Writing
<<     >>



Welcome! Thankyou for coming!!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
Photo Diary
Writing
Link…!!
My Photo archive. on Flickr!!
↑I am the photograph taken until now.
Please have a look…!!

僕が今まで撮った写真です。是非ご覧ください。



-Friends-
ONO YUKI
晋作の新作

以前の記事
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
more...
その他のジャンル