get be used accustomed.

   あいつは気付かないうちに俺に忍び寄る。
       俺をどっぶり包み込む。 思考をとめる。
          そして俺は気付かないまま、時を過ごす。


 「慣れるまでが大変だ。」
 ってよくゆうが、本当に大変なのは、その慣れてから後、だ。
 「慣れってーのはこわい。」
 ってゆーのが、それだ。

 取り合えず、慣れるまで。
 それまでは、黙って耐える。
 男はそう考える。






 しかし、その時点ですでに、あいつは俺を見据えてる。
 口元に、確信にも似た、余裕の笑みを浮かべながら。

 男は耐える。
 1つの行き先を見据え、それのためにまず耐える。
 まず、の行き先を定める。
 その時点でやつに見つかる。
 男はそれをしるよしもない。
 それに気付かず、黙って耐える。

 そしてそれには当たり前のように、「時間」ってやつが絡んできやがる。
 男は口を噤み、日々を過ごす。
 時間を過ごす。
 「これで間違いないんだ、正しいんだ。」と、自分で自分に言い聞かせながら。

 するとある時、とりあえずの目的地、すなわち「慣れ」、にたどり着く。
 その時に気付くわけではなく、ふと思う、
 「あぁー、最初に比べると大分慣れたなぁ。」と。


 その時間の経過と共に、男は本来の行き先を見失う。

 どこかでそれに気付いてはいるんだが、あいつがそれを覆い隠す。
 気付かせないように。ゆっくりと、確実に、どろどろと忍び寄る。
 ぬるま湯のような、なまあたたかく、苦しくなく、なにも考えなくていいよ、
 ってゆー甘ったるい液体に漬け込まれる。付け込まれる。

 次第に男は「考える」、ということをさぼりはじめる。
 あいつは脳内にずるずると入り込み、思考を邪魔し、
 最終的にそれをストップさせる。
 そしてその時に染み出す、生暖かい、どろっとした、満足と言う名の蜜を食らい、
 あいつはでかくなる。


 それにやられた男は、気付くことも無く、そのまま殺されてゆく。



 これは、よくある話だ。


 ある人が言っていた、「目標、目的を持つことが大事だ。」と。
 当たり前のように聞こえるだろうが、それは大事なことだ。

 しかし、それもあるが、本当に大事なのはそれらを持ち続けること。
 見続けることだ。



 『常に”先”を見ることを忘れるな。』

 そう、常に。
 常に先を。


 彼もそう言ってた。






 そこにあるのは、
                          やるか、やられるか、の2つだけだ。




 
by room0126 | 2005-10-23 02:21 | Writing
<< 秋の、 factory. >>



Welcome! Thankyou for coming!!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Photo Diary
Writing
Link…!!
My Photo archive. on Flickr!!
↑I am the photograph taken until now.
Please have a look…!!

僕が今まで撮った写真です。是非ご覧ください。



-Friends-
ONO YUKI
晋作の新作

以前の記事
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
more...
その他のジャンル