Friend



よく晴れた休日。
少し遅めの朝。

窓の外の道路には既に、僕らより早くその日を過ごし始めた人たちの運転する車が行きかっている。
その騒がしい道路と部屋の窓との間にある緑が日に照らされ、少し強い風にさわさわと揺れている。

彼は、窓の外を少しまぶしそうに眺めながら、歯を磨いている。












高校の頃の同級生である彼とは、1年に1回、会うか会わないかぐらいで、
学校の頃もあまり話した方では無いし、考えてみると、お互いのコトをそれほど知らないような気がする。
しかし、そんなこととは無関係に、彼は僕の中でとても大きな存在なのである。




この前の冬、いくらかの休みがとれたので、かねてから考えていた東京行きの新幹線に乗った。
数日前に彼に、泊めてくれ、とお願いしたら、快くおっけーしてくれた。
僕はその好意に甘え、東京で数日間過ごす間彼の部屋に泊めてもらった。

向こうに着いた日の夜、ひさしぶりに彼と会った。
相変わらず彼は彼のまんまだ。
僕はどうだろうか。
などと一瞬思ったかどうかは・・・、ん~、忘れた。

彼はすぐに歩き出した。
彼が歩くスピードが、少し、速く感じたような気がする。
僕は、ついてくのがやっと、ってこともないのだが、少し速い。
そう。
いつでも彼は、僕の少し先を歩いているような気がするのだ。

数分歩いたところにあった居酒屋へ連れてってもらった。
お客さんがたくさんいて、少しの間座って待つ。
その間に少し会話をする。
しばらく振りに会ったはずなのだが、不思議とそんな感じがしない。
お互い近くに住んでいて、割とよく会っているような、そんな感じがするのだ。
きっとそれは、彼がとても自然な空気の持ち主だからだ。

ほいじゃ、まぁ、って感じで、久し振りの乾杯を済ませ、グラスをぐいっと傾ける。
それから気付くと僕は、自分で驚くほど熱く喋っていたような気がする。
内容はうっすらとしか覚えてないが、色々と。
こんなことがあったとかこれはこう思うだとか、色々と。
食い物もうまいし、店には活気が満ちているし、そしてなにより、”小野くん”と話してる。
ん!いい時間でした。ありがとう。

そんなこんなで久々の再会。
次の日からは彼が仕事の昼間は1人でうろうろして、夜に待ち合わせてって感じで。
その数日の間に、彼のバイト先のバーに連れてってもらったり、そこで彼の東京の友達と話したり、彼のお兄さんとも会えたり、部屋でギターと歌を聞かせてもらったり・・・!
そんなこんなで僕はいろんな刺激を受けつつ、2,3日なんて時間はあっというまに過ぎてくわけで。

気付くともう帰る日は明日。
明日起きたら帰るか。
捕らえきれない程早く過ぎたこの2,3日を思いつつ、彼の部屋で眠りについた。









よく晴れた休日。
少し遅めの朝。


ぼーっとしながらふと目をやると、


彼は、窓の外を少しまぶしそうに眺めながら、歯を磨いている。





何やらこの後約束があるらしい彼は、相変わらず自然な空気だが、少し急いでいることが、微かに感じられた。
それにつられて僕も仕度をさっとすませ、玄関で待つ。
部屋を見ると、彼の鍵だとか何だとかが見つからないらしく、それまで静かに急いでいたのが、なんだかバタバタしてきている。
笑っちゃいけないけど、なんか少しおもしろかった。

そんなこんなで彼の部屋を後にし、駅へ歩く。
2人で電車に乗り込み、少し言葉を交わす。

「あんまり相手出来なくてごめんねー。」
と、彼が言う。

確か前に東京に遊びに行ったときも言っていたような気がする。

いやいや、とんでもない。
ありがとう。


「次は夏にでも。」

とどちらかが言ったか言わないかぐらいで彼が財布を部屋に忘れたことに気がつき、
あちゃー、戻らないと。ほんじゃ、またね。ってな具合に、次の駅で降りていった。



 僕は、動き出した電車に1人、窓の外を流れていく景色を見ながらぼんやりとしていた。



    彼とはずっとこんな感じなのかもしれないなぁ、と

                  しかし、それはそれでいいかもなぁ、と


                             なんとなくそんなことを思っていた。



 
by room0126 | 2007-05-24 10:02 | Writing
<< 中銀カプセルタワービル 夢で見た夢 >>



Welcome! Thankyou for coming!!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Photo Diary
Writing
Link…!!
My Photo archive. on Flickr!!
↑I am the photograph taken until now.
Please have a look…!!

僕が今まで撮った写真です。是非ご覧ください。



-Friends-
ONO YUKI
晋作の新作

以前の記事
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
more...
その他のジャンル