objectivity.

ものさしとは、長さをはかる道具である。

今までの、僕の周りの人や、環境。
今までの、あなたの周りの人や、環境。
それによって、それぞれの目盛りの幅が決まってくる。

僕らはそれぞれが、それぞれのスケールを持っている。
この感覚は、この世に生れ落ちたその時は透明でまっさらのそれだ。
そこに、時間の経過とともに、それぞれ幅の違う“目盛り”を刻んでゆく。
その時間の経過は、メモリーと呼ばれている。







この世に生れ落ちたあの時から、今。そしてこれから。
あなた自身と同様に、そのメモリも常に変化し続ける。
心に1つ、握り締めたそれを頼りに、あなたは色々な長さを測る。



そのものさしはそれぞれが1つしか持っていない。
それが、変化していくのだ。

すなわち、「 “今” のあなたが、 “今” の、そのものさしではかる。」 それしかない。
過去にあなたがその手に持っていたものさしはもうどこにも無いし、
もちろん未来となれば尚更だ。

過去のあなたは、今のあなたを測れなかった。
しかし、今のあなたは過去のあなたを測ることができるだろう。
以前測った、あの時の自分自身を、今ふと思い出してもう1度測ってみる。
きっと、メモリの幅が変わっているはずだ。
そう、時に流れ、常に変化しているのだ。


そしてもう一つ、僕のものさしで測れるのは僕だけだ。
同様に、あなたのものさしで測れるのはあなただけ、だ。

正確に言うと、他人のことを勝手に測れることは測れる。
しかし、それは全く意味のないことだ。
評論家は要らない。

人の数だけ在るその無数のものさしは、当たり前に、それぞれ目盛りの幅が違うんだ。
ひとつとして同じものは存在しない。
正に十人十色。
千差万別といっても全く差し支えない。
この世に同じ人間などいないのだ。





例えばここに、それぞれ1目盛りが「1センチメートル」と「1インチ」という幅の定規がある。
それでひとつの同じ対象を測ったとする。
おそらくそれぞれ違う数字が出るだろう。
しかし、その対象はひとつ。 
と、そういうこと。

長いとか短いとか、早いとか遅いとか、明るいとか暗いとかは、全て何かを基準として評価しているわけだ。
しかし、その基準とは何だ?
と、そういうことだ。






      僕らは、 『比較すること』 に囚われ過ぎてはいけない。
        
                
              ものさしとは、強いて言うならば、変化をはかる道具である。
by room0126 | 2007-08-19 06:39 | Writing
<< 梨園 海 >>



Welcome! Thankyou for coming!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Photo Diary
Writing
Link…!!
My Photo archive. on Flickr!!
↑I am the photograph taken until now.
Please have a look…!!

僕が今まで撮った写真です。是非ご覧ください。



-Friends-
ONO YUKI
晋作の新作

以前の記事
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
more...
その他のジャンル