Rail.


限られたくなければ限らなければいい。
あの話には続きがある。




『 限られたくなければ、限らなければいい。 』

それはつまり、逆に、

『 限られたければ、限ればいい。 』 とも言える。

それを、ここでひとつ書き足す。









あんたは自由だ。



他の誰にも、他の何にも縛られることはない。


違うか?

食って掛かる前に、冷静になれ。


誰があんたを縛る?

愚痴をこぼす前に、落ち着いて考えろ。


そうすれば、自ずと答えは出るはずだ。



誰も、あんたを縛ってなどいない。
ただ唯一、縛ってる者があるとすれば、それはあんた自身だ。

そうだろう?


誰もあんたを縛ることなどできない。

もし、そうではないと言うなら、その時点で、

あんたは、自らを縛り、縛られている。


落ち着いて考えろ。



あんたは自由だ。

決めるのが自分自身ならば、そうなる。

あんたに関する全ては、あんたが決めてるんだ。



全てを決めないということは実際には困難を伴う。

そして、あんた自身を導く縛りというものも必要だ。

決め付けろ。


それを、ここでひとつ書き足す。




矛盾してる?
そうではない。

増してや、意見を変えたわけでももちろんない。


これは、それらをあわせて、ひとつの話だ。





要は、何を限定するか、ということだ。



あんたが持つ、

こだわりや、信念。

そういったものも限定のひとつと言える。








人間という生き物は、現状を維持しようとする。

様々なことを限定しながら生きている。


なぜか。

それは、知らず知らずの内に、変化を恐れいるからである。



全ての変化を恐れていては、多くの可能性を失ってしまう。


が、しかしその中には、

それなくしては、自分が自分でなくなってしまう、ということもある。

どうしても、

どうしても、譲れないこともある。



つまり、だ。

『 変えたくないこと。 』

このコトを、今書き足す。

そして、ひとつの話となる。




自分が自分であるその本質。

信じるもの。


そういったものたち。

それらを大事にするということは、限定のひとつとして数えられる。




何を限定するか。

あいつらは、全てを限定させ、固めてしまおうとする。

ぼんやりしてると、気付けば、忍び寄られ、食われちまう。

そいつらを落ち着いて、見極めろ。


あんたがその手に握り締めるそれ、以外。

それら全てを固めようとするそいつらを、払いのけ、叩き落せ。


ネガティブを踏み捨て、ポジティブに掴まり、駆け上れ。





時間という流れに棲むあいつを、

ねじ伏せ、従わせ、飼いならせ。



あんたを導くのは、他ならぬ、あんた自身ってことだ。






            車輪を支え、一定方向に走らせるために敷く鋼材。


                                       限定とは、レールである。
by room0126 | 2008-05-24 01:51 | Writing
<< 雫 部屋 >>



Welcome! Thankyou for coming!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Photo Diary
Writing
Link…!!
My Photo archive. on Flickr!!
↑I am the photograph taken until now.
Please have a look…!!

僕が今まで撮った写真です。是非ご覧ください。



-Friends-
ONO YUKI
晋作の新作

以前の記事
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
more...
その他のジャンル