プラダブティック青山店
c0057746_23183070.jpg



どうも。
今回は、プラダです・・・!

ご存知、イタリア・ミラノに本部を置く、ファッションブランド。
最も影響力のあるファッションブランドの一つであり、世界中に店舗を展開しています。

そんな、世界のプラダですが、
旗艦店、「エピセンター・ストア」と呼ばれる店舗が世界に3つあります。

その3つとは、ニューヨーク、ビバリーヒルズ、そしてもうひとつ。
それが、東京、南青山にありました。



c0057746_23184926.jpg


Deta.
建物名:プラダ ブティック青山
設計者:Herzog & de Meuron(ヘルツォーク&ド ムーロン)+竹中工務店
竣工:2003年6月
敷地面積:953m2
建築面積:369m2
延床面積:2860m2
所在地:東京都港区南青山5-2-6
用途:店舗
構造:S造、(一部RC造) ・ 地下2階、地上7階


この建築、まず目を引くのが外観。
この独特なガラスの皮膜は有名ですね。
設計は、2001年プリッカー賞を受賞した建築ユニット、ヘルツォーク&ド・ムーロン。

このカタチ、建築基準法規上の斜線制限と容積率から決定されたそうで、
非常にシンプルです。
しかし、このインパクト。

c0057746_2319888.jpg


この斜め格子。
外観を印象づける大きな特徴ですが、ただの飾りではなく、
この建物の主要構造を担っています。
斜め格子構造は古くから海外の高層ビルなどに用いられてきた構造形式だそうで、
ロンドンで近年竣工した、ノーマン・フォスターのセントメアリー・アクスビルにも
同様の構造が用いられています。

しかし、この構造、日本ではあまりお目にかかれません。

このトラス構造ですが、その特徴として剛性が高いことが挙げられます。
建物が硬いんですね。
つまり、変形しにくい。

すると、わが国日本では1つ心配なことがでてきます。
そう。地震です。

剛性が高い構造だと、地震時に建物にかかる荷重がうまく逃げきれません。
そして、地震力に耐え切れない恐れがでてきます。

そこで、この建築、
建物の最下部に免震装置が設けられ、その危険を回避しています。

ということで、日本では珍しいこの構造を用いることが可能になり、
見る人に強烈な印象を与える事に成功しています。


c0057746_23191626.jpg


そして、この外壁には、平面・凹・凸、3種類のガラスブロックがはめ込まれています。
分厚くて大きなガラスが連続する様は圧巻です。

こう見てみると、何だかおもちゃのようで、非常に現実離れして見えます。
そして、まるでジュエリーのような高級感を感じるのは僕だけではないはず。

ブランドイメージとも合致した、素晴らしい建築ですね。
うーん、すごいです。

ここ、内装もヘルツォーク&ド・ムーロンが手掛けていて、非常におもしろいんです。
そっちのほうはまた今度・・・、機会があれば。笑

参考:PRADA
by room0126 | 2008-06-21 00:20 | Photo Diary
<< いのち 表参道ヒルズ >>



Welcome! Thankyou for coming!!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
Photo Diary
Writing
Link…!!
My Photo archive. on Flickr!!
↑I am the photograph taken until now.
Please have a look…!!

僕が今まで撮った写真です。是非ご覧ください。



-Friends-
ONO YUKI
晋作の新作

以前の記事
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
more...
その他のジャンル