カテゴリ:Writing( 41 )
The others are mirrors to reflect oneself.

〝 自分 〟とは何か。

私達はそれを、他人との何らかの違いを知ることによって確認する。


当たり前の話だが、
僕は僕であって、他の人とは異なる。
あなたはあなたであって、他の人とは異なる。

人の数だけの人格、すなわち独立した個人としての、その人固有の人間性が存在する。
全ての人がそれぞれの〝自分〟を持っているというわけだ。

自分とは違う人間と接し、知ることにより、自分がどういう人間であるかを理解できる。



自分がどういう人間であるか。

私達は、自分自身についての、ある一定のイメージを持っている。

例えば自分の年齢や性別、容姿や性格、仕事や能力など、
自分自身について考えた時に、様々な事柄が心の中に描き出されるはずだ。

これは、生まれながらに持っていたわけではなく、
他の人々との関係を通して形成されたものだ。

姿カタチがあり、目に見えるもの、
例えば自分の顔や姿なんかは、鏡に映せば見る事が出来る。

それと同じように、価値観や感じ方、考え方などの目に見えないものは、
他者という「鏡」に映る。



僕たちは他者の自分に対する反応や評価を見て、自分自身を意識しイメージを形成していく。

例えば、生まれて初めて接する他者である、母親や父親。
子供は、彼らの笑顔や称賛、あるいは怒りや叱責を見て自分自身を形成していく。

そこから始まり、生きている間中ずっと周りにいる他者との関係の中で、
自分がどういう人間かを無意識に感じているはずだ。

親のもとで生まれ、さらに他人との関係、友人関係や恋愛関係、仕事での関係など、
様々な顔を持つ、「だれか」になっていく。

それををかたちづくる他人との関係は、
自分は何者であるかという問題を考える上で最も重要なところである。



また、僕が若者であるのは、老人やおじさんおばさん、子供との対比によってであるし、
男性であるのは、女性との対比によってである。

そのような対比をすることができなければ、僕がどうゆう人間であるかはなかなか説明し難い。

例えばそこに親子がいれば、
その親はその子がいるから親であるし、同様に子はその親がいるから子である。

師と弟子、先輩と後輩なども同様で、お互いのその関係性によりある一定のイメージが生まれる。

師という人間がいなくては、弟子という人間は成り立たない。

他者との関係があって、私達は初めて具体的な「だれか」になる。





他者は自分を映し出す鏡だ。

自分という人間は、他者の中にある。

他者があるから、自分がある。

ずべてが存在しているから、『 わたし 』 が存在している。


『 わたし 』とは誰か。

その答えは、他者との交わりの中にある。
by room0126 | 2011-04-23 21:14 | Writing
We should have an idea.

例えば、数年前に初めて眼鏡をかけた男がいる。
その時の違和感はとても大きなものだった。
しかし3日もするとその違和感は次第に薄れ、今では体の一部だ。

彼は毎日眼鏡越しに世界を見ているが、その眼鏡自体を目を凝らして見たのはずっと前だ。
視界から外れることなどめったになく、いつも文字通り目の前にある。
にもかかわらず、その存在を日常で気にすることはほとんど無い。

ずっと近くにあるものは意識して見ようとしない限り必ず見過ごす。

いつも通りの生活を目を凝らして観察すると、様々なことに気付く。
気にとめていなかったところに注意が向いて、物事の存在や状態を知ることになる。

当たり前の話だが、
全てのものは「見ようとしなければ、見えない」。

視界に映っていながら、見ていないということが往々にして起こる。


そして、
前に述べた通り、万物は移ろい変わり行く。
その中でも、めまぐるしく変わり続けるのが、人の心だ。

その心の持ち主すらも気付かない程の早さで、矢継ぎ早に変化を繰り返す。
なんとなくで毎日を過ごしていると、例外なく自分の心を見失う。

周りの環境で、性格が変わってしまうことはよくある。
ひと月ぶりに会った友人が、以前とは別人になっていた、なんてことも起こる。
数ヶ月もあれば、人は、鬼にも仏にもなり得る。

どこまでも果てしなく広がる、真っ白な世界を歩いているようなものだ。
あるのは地面だけで、目印となるようなものは何もない。
方向も、距離も存在しない。

最初に立っていた場所から、どの方向に、何歩進んだかわからない。

だから私達は、自身の拠り所となる指針を定め、目印を創る。

その先は、それに沿った道を頑なに守り続ける。
ことあるごとにそこへ立ち返り、
日々変化する自分の心と照らし合わせ、道を外れていないか、確認を繰り返す。

私達はそれぞれ、そういった自身についてのこうあるべきだという根本の考え、
つまり理念を持たなければならない。
by room0126 | 2010-10-30 21:59 | Writing
The change that it is hard to notice most.

例えば、あなたが1ヶ月で3kg程痩せた時、

1ヶ月ぶりに会った友人は、
あなたを一目見た瞬間に、「あれ、痩せたね。」と言うでしょう。

しかし、
毎日共に仕事をしている同僚は、「そう言われればそうかも。」という程度でしょう。


体重は1ヶ月かけて、少しずつ変化してきた。

その1ヶ月分の変化をまとめて見ることになった友人は、一目で気付く。

しかし毎日顔を合わせている同僚は、その変化に気付きにくい。

変化は少しずつ、積み重ねられる。


海も空も、森に色づく木々も、少しずつ変化を繰り返している。

昨日の状態は、もうどこにもない。

特に、人の心や精神の状態などは、それはもう目まぐるしく変化を重ねている。


全てのものに毎秒、小さな変化が起こり続けているが、

いつも目にしているものの変化は見落としがちだ。


あなたが、一番長い間見ているものは、おそらくあなたの心だ。

あなたは生まれてこのかた、あなたの思考と共に生きてきた。

頭の中の、自身の声を聴かない日はなかったはずだ。

それこそ四六時中顔を合わせ、一心同体で歩んできたわけだ。



もしかすると、あなたの心の変化に最も気が付きにくい人は、

あなた自身かもしれない。
by room0126 | 2010-10-25 23:17 | Writing
It fades, and all things change and go.

全ては常に変化している。

存在するひとつひとつが変わり続け、今のかたちがある。


束の間すらも、同じ状態には留まらない。

目に見えない、ほんの微かな変化が連続して起こる。


あるひとつの極微な変化が、結果となる。

その結果は同時に原因となり、新たな結果を生む。

全ては原因であり、結果である。


これはいつからか起こり、繰り返し続けている。

途切れたことは今だかつて一度もない。

つまりどこかでリセットされたものではなく、

遥か太古よりさらに以前のそのまた大昔から、ずっと積み重ねられてきてできた状態だ。

そして今も、相変わらず変化を重ねている。



1秒後には、世界はもう新しい。

今とは、大いなる絶え間ない変化の途中の、ある一瞬の世界。



この目で捉えることすら叶わない領域。

いっさいの瞬間が、とんでもなく存在し難い状態だが、確かに在る。


私達はことごとく、有り難い世界に生きている。
by room0126 | 2010-10-23 12:38 | Writing
Time is money.

「1分間につき1万円支給される。

 その1分間の間に、その1万円は自由に使っていい。

 そして、その1分間の内に、使わなかった分は全て返納しなければならない。

 それの繰り返し。」


ルールは以上。

仕組みはシンプル。


ご存知の通り、

1分間というのは、それが終わるのと同時に、新たな1分間が始まる。

その時点で残り金額が徴収され、一旦リセットされることになる。

また、それと同時に新たに1万円が支給される。


手持ち金額の最大額は1万円。

1分間の終わりには、必ず徴収されるから、貯めることはできない。


つまり、使っても使わなくても、

新たな1分間を迎えると同時に、手持ちは1万円という状態になる。

使用できる金額ももちろん一緒。1分間につき、最大1万円だ。


当たり前だが、10分間で支給される合計金額は10万円になる。

最大使用可能額は10万円。

1日24時間での支給合計金額は、1440万円。

最大使用可能額は、1440万円。



もちろん、

使うか使わないかは各々の自由で、使い切ることは義務付けられていない。




だとすれば、あなたは1日に、いくら使う?










あなたは受け取っているはずだ。


実際のところ、あなたに与えられるのは、1分間につき、

“ 1万円 ” ではなく、

そのまんま “ 1分間 ” だが。



その受け取った時間にどれ程の価値を与えるか、

そしてどう使うかは、


もちろん、それぞれの自由だ。




時は、命なり。
by room0126 | 2010-09-16 00:32 | Writing
This world is a mirror to reflect oneself.

この世界は自分を映す“ 鏡 ”。


あなたの周りにいる人々は、全員、あなた自身だ。


尊敬するあの人も、どうしようもないあの馬鹿も、

愛しいあのコも、反吐が出るくそおやじも、

全て、あなた。


あなたが、ある人に対して嫌な想いをさせたとしよう。

それは、自分で自分に対して嫌な思いをさせていることと全く同じコト。


その逆、楽しかったり、嬉しい気持ちにさせることももちろん一緒。

他人を喜ばせることは、自分を喜ばせることだ。


あなたの周りにいる人達を、今、思い浮かべてほしい。

思い浮かんだ人全ては、自分自身である。


あなたの世界には、あなたしかいない。

だから例えば、他人を殺して我を押し通すなんてことは物凄く愚かで、ナンセンスな話。

その殺された他人は、他でもない、あなた自身だからだ。



もともと、全てはひとつ。

石ころや、草、木、山、海、人、モノ、

全てひっくるめて、ぜーんぶ足して、“ 1 ”になる。

全てのものは、今、たまたまそのカタチで存在しているだけだ。


全てはその大いなる“ ひとつ ”の一部。


全て、自身である。





今のあなたの心は、あなたの目の前に映し出される。


世界は、あなたの決めたようにしか見えない。
by room0126 | 2010-08-14 22:02 | Writing
答え合わせ

今、その目に映る全ては、何らかの結果だ。

言い換えれば、それら全てはそれぞれ1つの “ 答え ” である。


結果には必ず、そうなった原因がある。

今ある結果のひとつひとつに、原因が存在する。


ということはつまり、

何らかの結果を出したいのなら、その原因を創ればいいということ。

ひまわりの花を咲かすためには、ひまわりの種を植えて育てればいい。





最初に言った通り、ひまわりはそこらじゅうに咲いてる。

聴いてみればいい。

「どうやって咲いた?」







僕やあなたは、この上なくシンプルで自由な世界に生きている。

どんな花だって、咲かすことができる・・・!!
by room0126 | 2010-07-02 21:02 | Writing
Present.
色の薄れた、過ぎ去った時間は、

ただの細切れの映像だ。


15年前の 寂しく 暗く 悲しい 時.
10年前の 青く 弱く 楽しく 卑劣な 時.
5年前の 甘く 永く 脆い 、あの時。

あった。
確かにあった。

しかし、 もう ない 。

続きを読む
by room0126 | 2010-01-30 00:18 | Writing
The passage of time.


この古いマンションの向かいには中学校の校庭が広がっている。
とはいっても、僕の田舎のそれと比べると小さな小さな校庭だ。

この東京というところは、色んなものがひしめき合っていて、本当に狭い。


そんな街に越してきて、1年半は過ぎただろうか。
その間に引越しを2回経験した。
今のところに越してからは8ヶ月ほど経った。

今の部屋は、特に気に入っているわけでもなく、大した愛着も湧かない。

いまいち使い勝手の悪い間取りがしっくりとこないし、
異様に小さい初めてのミニキッチンも不便だ。
ついでに、
バスタブと洗面台と便器が一緒になった狭い(本当に狭い。)ユニットバスがどうしても嫌だ。

といっても、慣れないってことはないし、
このキッチンと風呂の狭さは、東京という土地をリアルに感じられる風景だ。

おそらく、僕は今後、こうゆう部屋には住まないけど、
だから、きっといい思い出になる気がしている。

More...
by room0126 | 2009-08-26 09:28 | Writing
It changes faster than light.



     『   あのとき、あんたが過ごしてたあの日々を思い出せ。


         あの屈辱を、あの憤りを、あの後悔を、あの悲しみを -。


         あの喜びを、あの望みを、あの決意を、あの夢を -。


         あんたは、あれ程までのあの想いを、 「 忘れた 」 、とでも言うのか?   』

More...
by room0126 | 2008-08-16 05:59 | Writing



Welcome! Thankyou for coming!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Photo Diary
Writing
Link…!!
My Photo archive. on Flickr!!
↑I am the photograph taken until now.
Please have a look…!!

僕が今まで撮った写真です。是非ご覧ください。



-Friends-
ONO YUKI
晋作の新作

以前の記事
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
more...
その他のジャンル