カテゴリ:Writing( 41 )
秋の、

   ツクツクホ-シ  ツクツクホ-シ


  もう、夏も終り。
  そっか、夏だったな。
  そ-いえばそうか。
  暑かった。

More...
by room0126 | 2005-11-20 02:28 | Writing
get be used accustomed.

   あいつは気付かないうちに俺に忍び寄る。
       俺をどっぶり包み込む。 思考をとめる。
          そして俺は気付かないまま、時を過ごす。


 「慣れるまでが大変だ。」
 ってよくゆうが、本当に大変なのは、その慣れてから後、だ。
 「慣れってーのはこわい。」
 ってゆーのが、それだ。

 取り合えず、慣れるまで。
 それまでは、黙って耐える。
 男はそう考える。

More...
by room0126 | 2005-10-23 02:21 | Writing
factory.

 愛知は工業がさかんです。


 ~名古屋港や四日市港の周辺の埋立地には製鉄所や石油化学コンビナートが建設されている。~

 だそうで。


 この前その辺を通りました。
 その風景を車窓からちらっと見ました。
 海がすぐそこで、真っ白なけむりがもくもく出てて、夜はあやしげに光ってて。

More...
by room0126 | 2005-10-14 02:15 | Writing
続けるコト。

 あることに慣れるとゆーコト。
 それは、それが当たり前になるってコト。



 人間ってーのは毎日繰り返してれば何にでも慣れる。

 それにかかる時間はまちまちだけど。
 仕事だったり生活だったり。
 ヒトやモノも然り。
 まわりの状況、すなわち環境に。

More...
by room0126 | 2005-09-04 02:08 | Writing
To he.  2005.4.12 
 
 今週は遅番。
 目覚ましが昼過ぎに俺をたたき起こす。
 毎回毎回、ご苦労なこったな。
 眠いよ、俺は。

 風呂のお湯をためながら、フライパンを焦がす。
 くそ、また換気扇回すのを忘れちまった。
 毎回毎回・・・。

 今日も、あの合理性で満たされた、純粋に「生産」のためだけに造られた、
 あのでかいくて暗いハコ行きのバスの時刻が俺へ駆け寄ってきやがる。
 あいつは毎日決まってこの時間にやってくる。
 迷うことなく、間違えることなく、俺を連れに。
 毎回毎回・・・。

More...
by room0126 | 2005-08-05 02:07 | Writing
あっち。


 『考える』という行為。これは人間だけに与えられたもんだ。



 1つのコトについて考える。

 黙って、自分の中で、頭ん中で歩き回る。
 その時の俺はどこへでも、どこまででもいける。
 それを続けてる限り。

 暗くて、どうしようもなく暗くて、息苦しいトコへも。
 明るくて、澄んでて、わくわくしちゃうようなトコへも。

More...
by room0126 | 2005-07-27 02:02 | Writing
腐るほどいるから。

 自分が1番きついだとか、
 自分が1番努力してるだとか、
 自分が1番苦労してるだとか、なんだとか・・・だと?

 冗談はよくない。

 自分より努力してるやつなんて腐る程いるし、
 自分より先のコト考えてるやつなんて腐る程いるし、
 自分よりつらいやつなんて腐る程いるから。

 建築家に向けて、
 写真家に向けて、
 デザイナーに向けて、
 音楽家に向けて、
 死ぬほど一生懸命に生きてるやつらなんて腐る程いるから。


 そのコトはみんな知ってるんだけど。
 それを忘れちゃってるやつも結構いるのもそうで。
 なにひとつ成し遂げてなんかいないのにそんなつもりになっちゃったりさ。


 うん。
 なんの世界でも、あの1人用の椅子に座るやつなんてとんでもないヤツだ。


 常に上を。
 ストイックに。
 張りつめて。           



  
by room0126 | 2005-06-22 01:56 | Writing
simple

 やばいのはシンプルだ。

 うん。


 なんでもそうだと思う。

 考え方も。
 ファッションも。
 料理も。
 建築も。
 生き方も。

 なんにでも通じるコトだと思う。
 うん。なんにでも。


 僕は結構考えゴトする時、「考えすぎじゃねーか?」、ぐらいに考えちゃう。
 複雑に。そんなに考える必要ないってぐらいに。

 でも結局さ、シンプル・単純に考えて、ってトコに立ち戻ってさ、それに従えば、
 おそらく全てがうまくいく。
 うん。
 やっぱそこだよ。
 変な、余計なコトはいらねーんだ。結局。
 単純に、その根源ってやつが1番重要なんだ。
 



 やっぱり、「シンプル」、が1番かっこいいよ。



   
by room0126 | 2005-05-19 01:53 | Writing
長い計画だ。

 まずはゆるぎない土台だ。
 俺を計画するにあたってまずは頑丈な地盤と土台づくりだ。
 俺を建築すんだよ。


 樹齢何百年の大木のように大地にしっかりと根を張り、どんな力にもびくともしない
 ぶっとい幹。
 そして外からの力をしなやかに受け流す枝。
 人間でゆーとこの強靭な精神力と柔軟なモノの考え方。
 その2つの内の前者。太い幹。
 それを鍛える時期だ。今は。

 今は・・・ただただそれだ。
 うん、とにかく…まずはそれだ。がっしり。
 それがあってこそ、というか、それなくしてはっていうか。
 はじまらないんだ。


 話はそれからだ。



 
by room0126 | 2005-04-28 01:50 | Writing
あんた次第ってこった。

 本を読む、スケッチする、考える。


 以上は今の俺にも与えられた自由だ。






 そしてもう1つ。
 それらをやるかやらないかの自由も与えられている。


  
by room0126 | 2005-04-09 01:48 | Writing



Welcome! Thankyou for coming!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Photo Diary
Writing
Link…!!
My Photo archive. on Flickr!!
↑I am the photograph taken until now.
Please have a look…!!

僕が今まで撮った写真です。是非ご覧ください。



-Friends-
ONO YUKI
晋作の新作

以前の記事
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
more...
その他のジャンル