<   2010年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
31.October.2010
c0057746_17535883.jpg

今度部屋を借りる時は、海が見えるところと決めてます。
[PR]
by room0126 | 2010-10-31 18:03 | Photo Diary
We should have an idea.

例えば、数年前に初めて眼鏡をかけた男がいる。
その時の違和感はとても大きなものだった。
しかし3日もするとその違和感は次第に薄れ、今では体の一部だ。

彼は毎日眼鏡越しに世界を見ているが、その眼鏡自体を目を凝らして見たのはずっと前だ。
視界から外れることなどめったになく、いつも文字通り目の前にある。
にもかかわらず、その存在を日常で気にすることはほとんど無い。

ずっと近くにあるものは意識して見ようとしない限り必ず見過ごす。

いつも通りの生活を目を凝らして観察すると、様々なことに気付く。
気にとめていなかったところに注意が向いて、物事の存在や状態を知ることになる。

当たり前の話だが、
全てのものは「見ようとしなければ、見えない」。

視界に映っていながら、見ていないということが往々にして起こる。


そして、
前に述べた通り、万物は移ろい変わり行く。
その中でも、めまぐるしく変わり続けるのが、人の心だ。

その心の持ち主すらも気付かない程の早さで、矢継ぎ早に変化を繰り返す。
なんとなくで毎日を過ごしていると、例外なく自分の心を見失う。

周りの環境で、性格が変わってしまうことはよくある。
ひと月ぶりに会った友人が、以前とは別人になっていた、なんてことも起こる。
数ヶ月もあれば、人は、鬼にも仏にもなり得る。

どこまでも果てしなく広がる、真っ白な世界を歩いているようなものだ。
あるのは地面だけで、目印となるようなものは何もない。
方向も、距離も存在しない。

最初に立っていた場所から、どの方向に、何歩進んだかわからない。

だから私達は、自身の拠り所となる指針を定め、目印を創る。

その先は、それに沿った道を頑なに守り続ける。
ことあるごとにそこへ立ち返り、
日々変化する自分の心と照らし合わせ、道を外れていないか、確認を繰り返す。

私達はそれぞれ、そういった自身についてのこうあるべきだという根本の考え、
つまり理念を持たなければならない。
[PR]
by room0126 | 2010-10-30 21:59 | Writing
The change that it is hard to notice most.

例えば、あなたが1ヶ月で3kg程痩せた時、

1ヶ月ぶりに会った友人は、
あなたを一目見た瞬間に、「あれ、痩せたね。」と言うでしょう。

しかし、
毎日共に仕事をしている同僚は、「そう言われればそうかも。」という程度でしょう。


体重は1ヶ月かけて、少しずつ変化してきた。

その1ヶ月分の変化をまとめて見ることになった友人は、一目で気付く。

しかし毎日顔を合わせている同僚は、その変化に気付きにくい。

変化は少しずつ、積み重ねられる。


海も空も、森に色づく木々も、少しずつ変化を繰り返している。

昨日の状態は、もうどこにもない。

特に、人の心や精神の状態などは、それはもう目まぐるしく変化を重ねている。


全てのものに毎秒、小さな変化が起こり続けているが、

いつも目にしているものの変化は見落としがちだ。


あなたが、一番長い間見ているものは、おそらくあなたの心だ。

あなたは生まれてこのかた、あなたの思考と共に生きてきた。

頭の中の、自身の声を聴かない日はなかったはずだ。

それこそ四六時中顔を合わせ、一心同体で歩んできたわけだ。



もしかすると、あなたの心の変化に最も気が付きにくい人は、

あなた自身かもしれない。
[PR]
by room0126 | 2010-10-25 23:17 | Writing
It fades, and all things change and go.

全ては常に変化している。

存在するひとつひとつが変わり続け、今のかたちがある。


束の間すらも、同じ状態には留まらない。

目に見えない、ほんの微かな変化が連続して起こる。


あるひとつの極微な変化が、結果となる。

その結果は同時に原因となり、新たな結果を生む。

全ては原因であり、結果である。


これはいつからか起こり、繰り返し続けている。

途切れたことは今だかつて一度もない。

つまりどこかでリセットされたものではなく、

遥か太古よりさらに以前のそのまた大昔から、ずっと積み重ねられてきてできた状態だ。

そして今も、相変わらず変化を重ねている。



1秒後には、世界はもう新しい。

今とは、大いなる絶え間ない変化の途中の、ある一瞬の世界。



この目で捉えることすら叶わない領域。

いっさいの瞬間が、とんでもなく存在し難い状態だが、確かに在る。


私達はことごとく、有り難い世界に生きている。
[PR]
by room0126 | 2010-10-23 12:38 | Writing
20.October.2010
c0057746_1873729.jpg

ここに載せてる写真はほぼ、GR DIGITALってコンパクトデジカメで撮ってます。

このカメラで撮った写真は、外付けのハードディスクに全部突っ込んでるんですが、
確認してみると、現在の総ファイル数(写真の枚数)は14402でした。

先日それをチェックする機会があり、一通り目を通しました。

1番最初に撮ったのは、2006年05月20日。
それからなんだかんだで、今日まで撮り続けてます。

今は大分慣れて、
肉眼で見て想像する写りと、実際の写りの差はほとんどありません。
あと、目の前の状況が、撮ったら絵になるか(自分の好みの感じに写るか)どうかも大体わかるようになってきたので、撮影枚数に対して、良い写真率が大分上がりました。

ただ、頭ん中に撮りたい絵が先にあって、それを狙って撮れるというわけではありません。
まあ言ってしまえば、
たまたま撮りたい光景に出合った時に、ちゃんとシャッターが切れるってだけです。

ところで・・・、ふと冷静になって自分の写真を見ていると、
僕が表現したい理想の仕上がり、雰囲気とは全然違うということにたった今気が付きました。結構衝撃です。笑


なんとなくでやってるとこうなっちゃうんでしょうね…。

やっぱり、どっかを目指して、それを忘れず見続けてないと実現できませんね。何もかも。

あと、全ての技術には、根拠となる理論が必要だと最近つくづく思います。



しかし一方で、始めた頃からすると、大分いい感覚が身についてきてるとは思います。

これから表現力を高めていくと、より一層、色々と楽しめそうな気がします。






話は変わりますが、やっと寒くなってきましたね。

僕は情けないことに、ただ今風邪薬と栄養ドリンクを飲んだところです。

今日は早いですが、もう寝ます。

みなさん風邪など召されませんように。
[PR]
by room0126 | 2010-10-20 20:12 | Photo Diary
17.October.2010
c0057746_22483445.jpg

ヤバイのはシンプルだ。
[PR]
by room0126 | 2010-10-17 22:50 | Photo Diary
17.October.2010
今日はDVD見てました。


カメレオン。
よくわからん…。
全く心に残りませんでした。



前に1度見ましたが、もう1回。
むっちゃおもろい。
いい映画です。
これ好きですわ~。



コルビュジエのDVD(この映像は違うやつです)。

TUTAYAのドキュメンタリーコーナーに、
前期・中期・後期と3本置いてありました。
嬉しいっすね~。

これがなかなか面白かった。
結構貴重な映像じゃないっすかね~。

LE CORBUSIER 、やっぱり凄い人ですね。
[PR]
by room0126 | 2010-10-17 22:28 | Photo Diary
17.October.2010
c0057746_2033974.jpg

生しらす丼。

ご馳走様でした。
ありがとうございます!
[PR]
by room0126 | 2010-10-17 20:35 | Photo Diary
16.October.2010
c0057746_2142568.jpg

c0057746_214146.jpg

キンモクセイの庭。
[PR]
by room0126 | 2010-10-16 02:16 | Photo Diary
14.October.2010
c0057746_2394938.jpg

手入れの行き届いた中庭。
太陽の光が落ち、時間の経過と供に表情を変える。
しんとした空気に満たされ、程よい緊張感があります。

大きなガラスで仕切られており、部屋の中にいながら、季節を色濃く感じられます。
研ぎ澄まされた空間。理想的です。

c0057746_2310837.jpg

楢(ナラ)の天井には、ぼこぼこと槍鉋(やりがんな)らしき跡。
手作業で削られてます。
贅沢な天井です。


サッシは銅ですかね。
銅の窓枠、いつか自分のこうばを創るときにやってやろうと企んでましたが、
こんなとこで目にするとは…。

いいっすね。


芹沢銈介美術館
白井晟一(1905~1983)設計
[PR]
by room0126 | 2010-10-14 23:53 | Photo Diary



Welcome! Thankyou for coming!!
カテゴリ
Photo Diary
Writing
Link…!!
My Photo archive. on Flickr!!
↑I am the photograph taken until now.
Please have a look…!!

僕が今まで撮った写真です。是非ご覧ください。



-Friends-
ONO YUKI
晋作の新作

以前の記事
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
more...
その他のジャンル