This world is a mirror to reflect oneself.

この世界は自分を映す“ 鏡 ”。


あなたの周りにいる人々は、全員、あなた自身だ。


尊敬するあの人も、どうしようもないあの馬鹿も、

愛しいあのコも、反吐が出るくそおやじも、

全て、あなた。


あなたが、ある人に対して嫌な想いをさせたとしよう。

それは、自分で自分に対して嫌な思いをさせていることと全く同じコト。


その逆、楽しかったり、嬉しい気持ちにさせることももちろん一緒。

他人を喜ばせることは、自分を喜ばせることだ。


あなたの周りにいる人達を、今、思い浮かべてほしい。

思い浮かんだ人全ては、自分自身である。


あなたの世界には、あなたしかいない。

だから例えば、他人を殺して我を押し通すなんてことは物凄く愚かで、ナンセンスな話。

その殺された他人は、他でもない、あなた自身だからだ。



もともと、全てはひとつ。

石ころや、草、木、山、海、人、モノ、

全てひっくるめて、ぜーんぶ足して、“ 1 ”になる。

全てのものは、今、たまたまそのカタチで存在しているだけだ。


全てはその大いなる“ ひとつ ”の一部。


全て、自身である。





今のあなたの心は、あなたの目の前に映し出される。


世界は、あなたの決めたようにしか見えない。
[PR]
by room0126 | 2010-08-14 22:02 | Writing | Comments(2)
Commented by souldoutsouldout at 2010-08-16 18:16
我思う、ゆえに我あり
って発想は真逆なようで、近い感覚でもあるんでしょうか?
哲学の行き着く先ってどこなんでしょうかね
考える事が大事なんだろうね
Commented by room0126 at 2010-08-18 22:50
>晋作さん

>我思う、ゆえに我あり

ウィキペディアで見てみました。
なにやら難しく書いてあったので読むのに時間がかかりました・・・。笑
世界観みたいなものはかなり近いような気がします。

行き着く先ですか~・・・、
よっぽど出来た(?)人は、
お釈迦さまの言った「悟り」の境地に辿り着くんですかね。。

考える事は面白いですね。
何かを考えてる時は、生きてる実感が湧きます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 31.August.2010 8.August.2010 >>



---------------------